ニュース一覧

入浴者の頭部位置を検知して浴室内事故リスク低減(2020-09-22)

2020年09月22日更新

JVCケンウッド(横浜市)は、超音波センサーにより入浴者の頭部位置を計測することで浴槽内の事故リスクを低減する「浴室あんしん安全システム」を開発した。
超音波を中心としたセンシング技術で入浴者の頭部位置の変化を検知。浴槽との位置関係を計測し、約3秒で溺水等がないかを判断する。その後、音声アラームで入浴者の意識の有無を確認し、反応がなければ約18秒で外部に通報し早期の救命につなげる。
ハウスメーカー、浴室・浴槽メーカー、リフォーム会社などに提案していくとする。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。