ニュース一覧

トーコー、棟換気の耐久性能を10年保証制度でアピール 7月1日から(2020-06-25)

2020年06月25日更新

棟換気メーカーのトーコー(奈良県生駒市)は、安心して同社棟換気を採用してもらうため住宅会社向けの保証制度『小屋裏あんしん保証 KARATTO』を7月1日から棟換気業界で初めてスタートする。
保証するのは新築から10年間、同社の保証対象製品からの雨漏り。住宅会社が同制度に登録すると、無料で免責なく500万円まで10年間何度でも保証サービスを利用することができる。同社の棟換気『KARATTO』は高耐久の塗装ガルバリウム鋼板からなり、過酷な散水送風試験や排煙試験などに合格した製品で、棟換気で150万台以上の全国トップクラスのシェアを持つトーコーが自信を持って保証する裏付けとなっている。
同社商品開発部の石田剛司さんは「日本では家の耐久性能に対する消費者の期待の高さに比べ、施工者側の関心は省エネ性能に偏っている。屋根の雨漏り対策だけでなく、大型台風から瓦被害を抑制するためにも施工者の関心を少しでも高めたい」と話している。また、新築屋根換気のタイプ別では軒裏吸排気タイプが4割を占める中で棟換気タイプが1割余り。「他のタイプでは夏場の小屋裏が80℃近くなる。上部からの排気は資産価値の高い家造りにもつながる」と話している。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。