ニュース一覧

YONDE、アプリ不要のバーチャル内覧サービス(2020-06-04)

2020年06月04日更新

YONDE(ヨンデ、福岡市)は5月28日、自宅に居ながらARで物件をバーチャル内覧できる体感型サービスの提供を開始した。
同サービスは、WebAR技術(アプリを使わずWebサイト上でARを体験できる技術)を使って開発しているため、アプリをダウンロードしなくても、等倍サイズの3D室内がスマートフォン越しに現れる。内覧希望者がその場を歩き回るだけで、間取りや室内のサイズを体感できる仕組みとなっている。既存のサイトへの組み込みも簡単に行えるという。
同社では、新型コロナ禍で物件の内覧者数減少に悩む不動産事業者向けに、同サービスを開発。分譲マンションのショールーム案内や学校施設案内など、様々な用途での活用が期待できるとする。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。