ニュース一覧

建築木製部品の設計〜加工がオンラインで可能に(2020-06-02)

2020年06月02日更新

VUILD(ヴィルド、神奈川県川崎市)は、設計から木材の加工依頼までをオンラインで完結できる日本初というクラウドプレカットサービス「EMARF(エマーフ)3.0」を公開した。
普段使っているCADで木製部品を設計し、CADの機能拡張ソフトである「EMARF3.0」を使うことで、加工データの自動生成や加工費・材料費の見積もりをオンラインで算出(ここまで無料)。見積もり内容に合意すると、加工データはCNCルーターをもつ全国50カ所の工務店・製材所へ送られ、加工が始まる。
対面での打ち合わせが一切不要なうえ、設計の初期段階で思い描いている木製部品の実現性や予算を把握できるため、設計の手戻りを最小化。さらに、CADが「EMARF3.0」を介して直接デジタル加工機とつながるため、設計時のイメージと実際の建築物とのギャップを埋めるとともに、複雑なデザインでも比較的安価に実現できるという。
「Rhinoceros」「AutoCAD」「VectorWorks」のほか「Adobe Illustrator」に対応する。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。