ニュース一覧

地盤ネット、既存住宅と地盤を同時に計測できる検査サービス開始(2020-05-28)

2020年05月28日更新

地盤ネット(東京都新宿区)はこのほど、既存(中古)住宅とその地盤を同時に計測できる検査サービス「デジタル耐震チェック」の提供を開始した。
新サービスは、国立研究開発法人防災科学技術研究所(茨城県つくば市)との共同研究によって開発した「微動探査」の技術を用いて、地震が起こったときの地盤と建物の揺れやすさを調査するもの。新築時にはわからなかった建物のリスクや経年変化による倒壊危険度を「数値的に」「迅速に(30分間)」計測する。費用は、調査地により別途見積もり。
付帯サービスとして、10年間の地盤補償サービスを提供するほか、構造計算、建物倒壊シミュレーションを取り入れた耐震リフォームによる万全な地震災害対策を提案する。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。