ニュース一覧

Deto、擬音装置付き便座の一般販売を開始(2020-05-21)

2020年05月21日更新

Deto(岐阜市)は、トイレ音を消す機能をもたせた便座「擬音装置付き便座 DW-312」の一般販売を始めた。
新型コロナウイルスによる自粛期間中、家のなかで過ごす時間が増え、家族のトイレ音が気になりトラブルに発展するケースを想定して一般販売を決めたとする。
流水音、川のせせらぎと鳥の鳴き声、虫の鳴き声の3種類の音を内蔵。音は随時変更できる。
また、3万8000円と価格も手頃。故障時には操作パネル・ノズル・便座フタなどを住み手自身で簡単に交換できるとする。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。