ニュース一覧

アイリスオーヤマ、既設器具を再利用してLED化を実現(2020-05-14)

2020年05月14日更新

アイリスオーヤマ(仙台市)は6月1日、グリッド天井に設置された蛍光灯器具本体と反射板をそのまま使用してLED照明に移行できる「LED交換キット グリッド照明用」を発売する。
既設の蛍光灯器具本体を取りはずすことなく、LEDランプとソケットや端子台、安定器など老朽化した電気部材を入れ替えることでLED化を実現。既設部材を再利用するため、器具交換にかかる費用と作業時間を削減し、古い器具を廃棄する必要もない。
消費電力を約67%を削減。150坪のオフィスの場合、年間電気料金を約198万円削減できるとする。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。