ニュース一覧

福井コンピュータ、土地家屋調査士向けの新たな業務支援システムを発表(2020-04-09)

2020年04月09日更新

建設業向けCADメーカーの福井コンピュータ(福井県坂井市)は4月6日、土地家屋調査士向け業務支援システム「TREND REX」を2020年秋にリリースすると発表した。
新製品は、土地家屋調査士向けの現行製品「TREND REGIC」(トレンドレジック)のノウハウを継承し、オンライン申請への対応と、土地家屋調査士が必要とする業務全般を支援するため、基本構造から見直したもの。主な機能として、事件管理、登記申請書作成、不動産調査報告書作成、オンライン申請(電子署名)、報酬額計算などに対応する。また、同社の測量CADシステム「TREND-ONE」(トレンドワン)との連携強化により、測量業務や作図作業との連動性を高めた。
同製品は、システム導入時の費用負担を軽減できるサブスクリプションで提供する予定

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。