ニュース一覧

矢野経済、「国内の賃貸住宅市場調」の結果を発表(2020-03-03)

2020年03月03日更新

矢野経済研究所は、「国内の賃貸住宅市場調」の結果を発表した。
2019年度の賃貸住宅新設着工戸数を前年度比85.6%の33万4千戸と予測。
貸家新設着工戸数の減少トレンドが継続、入居需要が多く見込める都市部でのシェア拡大競争へ移行すると予測している。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。