ニュース一覧

J建築システム、木構造の課題解決をトータル支援(2020-02-27)

2020年02月27日更新

J建築システム(札幌市)は、2018年にISO登録され、JIS化にも取り組み中の測定方法を用いた断熱診断ツール「JJJ断熱診断」を提供する。また、「壁」「接合」「基礎」の「J3大耐震アイテム」を展開し、木構造のトータルな課題解決を支援する。
「JJJ断熱診断」は、東京大学生産技術研究所・加藤研究室との共同研究で開発したもので、実測U値から光熱費をシミュレーションする。改修前後の燃費が比較でき、分かりやすい改修提案が可能となる。同診断で用いられる測定方法は、ISO9869-2:2018として正式に登録されている。
木構造の課題解決のための支援ツールとして提供する「J3大耐震アイテム」は、窓が耐力壁になる「J-耐震開口フレーム」、引張補強に必須のアラミド繊維シートによる「JBRA-1システム」、PCa束と断熱型枠を用いた合理化基礎工法「耐圧版式 グリッドポスト」からなる。「グリッドポスト」は、BCJ認定を取得した工法で、通風によってドライな床下を実現するほか、7日間の短工期で技術者不足の課題にも対応する。
同社は年間約1000棟の構造計算・計画の実績を活かし、「【進化版】J-耐震開口フレーム」をはじめ、構造が可能にするデザインを提案する。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。