ニュース一覧

エス・ビルド、働き方改革支援へ内装材積算ソフト(2020-02-20)

2020年02月20日更新

オフィスの内装工事を手がけるエス・ビルド(大阪市)は、子会社のエス・ビルドシステムを通じ、内装材の積算ソフト「建築の電卓」の販売に注力している。必要な部材の計算が簡単にでき、業務量を最大75%削減したという。
同ソフトはPDFやjpegから読み込んだ図面から、壁や床、天井など部分ごとに建材の必要な量を算出することができる。CADが使えなくても、簡単なPC操作ができれば利用可能という。スマートフォンでもデータ閲覧ができ、Excelによるデータ出力も可能となっている。
エス・ビルドの内装工事で導入した際、業務量の75%を削減できたという。料金プランは3つあり、最も安い床のみのAプランで月当たり3000円、初期導入費用5万円(いずれも税抜き)。2019年4月の提供開始以降、現在は約100社が利用し、海外展開も予定しているという。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。