ニュース一覧

構造システム、RC・S・CFT建築物の一貫構造計算を実現(2020-02-20)

2020年02月20日更新

構造システム(東京都文京区)は、RC造・S造・CFT造建築物の一貫構造計算システム「構造モデラー+NBUS7(エヌバスセブン)」を発売した。
構造躯体入力プラットフォームの「構造モデラー」と、解析・結果出力を行う「NBUS7」で構成。
「構造モデラー」では、従来のXY方向に設けたグリッドでの入力のほか、グリッド制限のない自由な軸による入力をサポート。入力した躯体形状から解析用の構造モデルを生成できる機能により、躯体形状と解析モデル形状が異なるという課題を解決する。
また「NBUS7」では、RC・S・CFT造建築物の許容応力度等計算と保有水平耐力計算を行い、確認申請に必要な計算書のほか各種提案書・検討書の作成を支援する。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。