ニュース一覧

安城電機、”本当に必要な機能だけ” 業務支援アプリ発売(2019-12-24)

2019年12月24日更新

 電気工事や太陽光発電、風力発電などの設置工事を手掛ける安城電機(愛知県安城市)は、建設業向けの業務支援アプリ「フレマップワークス」を2020年4月に発売する。
 「情報共有アプリはいろいろあるが機能が多すぎて使いこなせない」という声から、誰でも簡単に使えるように必要な機能だけに絞った。同社が独自調査をした結果、現場の職人が最も使っているアプリやシステムの上位3つはLINE、Google マップ、ドロップボックスだったという。フレマップワークスは、これらと同じような機能を組み合わせたもので、中高年層や外国人労働者に使いやすいアプリケーションとなっているのが最大の特徴。
 地図情報と連携し、施工現場の位置、顧客情報や工事の進捗、設計図面、現場写真などのデータが一元管理できる。チャット機能で情報共有もスムーズに行え、他の業者と現場の位置情報と連携させて図面や写真、ワードやエクセルのファイルなどの共有も可能。
 1ユーザーあたり月額800円、年額だと月額500円で1ギガまで使用できる。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。