ニュース一覧

リープトンエナジー、発電量と施工性高めたパワコン3機種(2019-12-10)

2019年12月10日更新

 リープトンエナジー(兵庫県神戸市)は、発電量と施工性を高めたパワーコンディショナ3機種(SPSS-55E-LP、SPSM-554B-LP、SPSM-444B-LP)を2020年1月から順次受注を始める。
 回路設計や放熱設計を見直し、直流から交流への電力変換ロス低減と放熱性向上により、高い電力変換効率を実現。また、小型軽量化により、従来品よりも設置面積を約40%低減し、汎用ケーブルで施工できるようにした。
 全機種に自立運転・自立切り替え機能を搭載。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。