ニュース一覧

地盤改良コストを予測できるプレ地盤診断サービス(2019-12-03)

2019年12月03日更新

 一般社団法人住宅不動産資産価値保全保証協会(東京都品川区)は、「見えない地盤リスク」を「見える化」することで、地盤改良コストを事前に予測して最適な土地選びを支援するプレ地盤診断サービス「BIOSCOPE(ビオスコープ)」を提供する。
 同サービスは、調査の前に地盤の安全性を予測する統計システムにより、住まいづくりにおいて、土地確定後の早いタイミングで地盤改良の可能性を検討し、予算を組みやすくするもの。施主は、同サービスを活用する住宅会社を選ぶことで、地盤改良で発生する費用を事前に見込むことができるほか、地盤改良で使うはずだったコストを住宅自体のグレードを高めるために使うことができる。
 なお、同協会主催の「『耐震&地盤』リスク見える化講習会」は既に全日程を終了している。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。