ニュース一覧

軒の出寸法2000mmまで対応可能な軒裏換気部材(2019-11-28)

2019年11月28日更新

 日本住環境(東京都台東区)は、軒の出寸法2000mmまで対応し、門型形状に最適な軒裏換気部材「ep30軒アリK」を販売する。
 同製品は、有効開口面積150cm2/mの大開口小屋裏換気ガラリを備えた躯体換気材。下から見上げても換気孔が見えず、シンプルな外観デザインを損なわずにしっかりと換気性能を確保する。また、連続して取り付けられるため、空気の淀みができず、小屋裏結露や熱気だまりを防ぐことができる。壁元・中間・鼻先の多様な納まりにも施工可能。
 さらに、12mm厚の軒天材仕様で防火認定を取得。がらりの穴をふさいで延焼を防ぐ熱膨張シートにより、30分準耐火構造認定も取得している。
 カラーバリエーションはホワイト・ブラックの2色。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。