ニュース一覧

リクルート、『2019年 注文住宅動向・トレンド調査』を発表(2019-11-19)

2019年11月19日更新

リクルート住まいカンパニーは、『2019年 注文住宅動向・トレンド調査』を発表した。
<調査トピックス>
家づくり全体の動向・トレンドについて(建築者)
● 建築者(全国)の建築費用は平均2,902万円。前年より95万円増加。(P5)
● 建築者(全国)のうち、「土地なし」の割合は71.3%。前年より4.1ポイント増加。(P7)
● 建築者(全国・土地を新規で取得)でみると、土地取得の相談先は「建築会社に相談した」が最も高く57.8%。特に首都圏では、前年より12.2ポイント増加した。(P8)
消費税の増税と住宅建築について(検討者)
● 検討者(全国・新規建築)において、「消費税が上がる前に建てたいと思った」ことが家づくりを考える
きっかけとなった人が前年より14.9ポイント減少(前年18.0%→今年3.1%)。(P10)
● 検討者(全国)のうち、30.8%が「消費税が上がる前に、建築を間に合わせたい」と回答。前年より36.7ポイント減少。(P11)
防災に関する意識と対策(建築者・検討者)
● 建築に当たり防災を「かなり意識していた」「意識していた」と回答した人は、建築者(全国)で70.1%、検討者(全国)で83.4%。 (P13)
● 実際に行った対策・行いたい対策として多いのは、建築者(全国)検討者(全国)いずれも「地震に強い地盤」や「地震に強い構造」など。(P13)
パワーカップルの特徴(建築者)
● 建築検討のタイミングとして、【パワーカップル】は【それ以外の既婚者】と比べ、 「結婚」が15.0ポイント高く、「出産」が5.8ポイント低い。(P15)
● 注文住宅を選んだ決め手として、【パワーカップル】は【それ以外の既婚者】と比べ、「車の保有・管理」が11.7ポイント、「ペットと暮らすこと」が11.3ポイント、「土地そのものの資産価値」が8.7ポイント高い。(P17)
● 建築エリア選びの重視項目として、 【パワーカップル】は【それ以外の既婚者】と比べ、「保育園に入りやすい自治体」が18.7ポイント、「教育環境が充実」 が7.1ポイント、「子育て補助が充実している」が6.0ポイントなど、教育に関する項目のスコアが高い。(P18)
● 住宅の重視項目として、 【パワーカップル】は【それ以外の既婚者】と比べ、「ZEH」が9.2ポイント、「耐久性」が8.2ポイント、「防犯仕様」が8.0ポイント高い。(P19)

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。