ニュース一覧

外観写真からリフォーム後の3Dイメージを作成 VRにも対応(2019-11-12)

2019年11月12日更新

 不動産事業者向けCG制作サービスを展開するピーヴィー(東京都中野区)は11月7日、戸建て建物の外観CGイメージを提供する「VR外観」サービスを開始した。
 同サービスでは、対象物件の外観写真からリフォーム後のイメージCG画像を制作。3D立体画像で可視化し、周囲の環境とマッチングさせることで、リフォーム後の全体イメージを魅力的かつリアルに伝えることができるという。
 360度のパノラマ画像で制作することも可能。広く、自由に見渡すことができるため、建物外観の雰囲気や周辺環境との調和をより立体的に感じることができるという。
 いずれも必要なのは外観写真のみで、図面やCADデータは不要。戸建てリノベーションやフルリフォームだけでなく、外壁や門、フェンスなど部分的なリフォームにも利用できる。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。