ニュース一覧

野原産業エンジニアリング、人工再生木ルーバー・デッキに新色(2019-11-07)

2019年11月07日更新

 野原産業エンジニアリング(東京都新宿区)は11月上旬、人工再生木を使った建材シリーズ「WOODSPECフェザールーバー/グレイスデッキ」に新色を追加する。
 ルーバー、デッキともリサイクル木粉とリサイクルプラスチックが主原料。
 ルーバーには、高級感のあるホワイトアッシュ色をラインアップ。吹き抜け空間など光が通る場所に使うことで、やわらかな雰囲気を演出できるとする。
 デッキには、ホワイトオーク色をラインアップ。切りっぱなしでも自然な風合いが得られ、光の当たり具合によって北欧風やアンティーク調になるという。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。