ニュース一覧

日本電機工業会、「民生用電気機器 2019 年度上期 国内出荷実績」を発表(2019-10-29)

2019年10月29日更新

一般社団法人 日本電機工業会 (JEMA)は、「民生用電気機器 2019 年9月度ならびに 2019 年度上期 国内出荷実績」を発表した。
民生用電気機器の 2019 年9月度の国内出荷金額は、2,385 億円、前年同月比120.2%と2ヵ月連続のプラスとなった。製品別の国内出荷金額を見ると、ルームエアコンは 613 億円、前年比 130.8%と2ヵ月連続のプラス、電気冷蔵庫は 515 億円、同 112.3%と3ヵ月ぶりのプラス、電気洗濯機は417 億円、同 133.0%と 15 ヵ月連続のプラスとなった。
2019 年度上期合計では、1兆 3,801 億円、前年同期比 105.5%となり、前年同期を上回った。7月は天候不順の影響を受け落ち込んだものの、10 月からの消費税増税の影響で主要製品において高付加価値製品を中心とした増加もあり、過去 10 年では最も高い出荷金額となった。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。