ニュース一覧

新刊『建設業法の課題と実務対応 電子契約化への法的アプローチ』(2019-10-21)

2019年10月21日更新

 新日本法規出版(愛知県名古屋市)は、『建設業法の課題と実務対応 電子契約化への法的アプローチ』を発刊した。
 編集は匠総合法律事務所(東京都千代田区)、著者は代表弁護士の秋野卓生氏、弁護士の田中敦氏、樋口孝之介氏。
 民法改正により抜本的な改訂が必要とされる請負契約書について、業務効率化のための「電子化」の方法とメリットをわかりやすく解説する。
 税込価格は電子書籍3630円、通常書籍3960円。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。