ニュース一覧

熱伝導率0.022を達成した高性能断熱材「カネライトフォームFX」(2019-10-08)

2019年10月08日更新

 カネカ(東京都港区)とカネカケンテック(東京都千代田区)は、「カネライトフォームスーパーEX」の輻射熱抑制技術に加え、高断熱性の発泡剤を高濃度に分散することで断熱材区分Fランクとなる熱伝導率0.022W/(m・K)を達成した高性能断熱材「カネライトフォームFX」を販売する。
 同製品は、環境にやさしいノンフロン断熱材であり、建材トップランナー制度対象製品(押出法ポリスチレンフォーム断熱材)となるもの。断熱性能は、従来グレードの「スーパーE-ⅠⅠⅠ」よりも約20%、「スーパーEX」よりも約10%向上している。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。