ニュース一覧

エクソル、創・省・蓄エネを実現する一体型システムを発売(2019-10-02)

2019年10月02日更新

 エクソル(京都府京都市)は、太陽光発電システム+蓄電池システム+デマンド制御システムを1つにすることで、創エネ・省エネ・蓄エネを可能にする「太陽光発電一体型制御システムSAVE-1(セーブワン)」を発売した。
 独自の充放電制御回路(特許出願中)により、従来必要だったDC/DCコンバータが不要になり、コンパクト化と電力ロスのゼロ化、ローコスト化を実現。加えて、各システムごとの工事が要らないため、現行同等品に比べ30%のコストダウンが可能になるとする。
 また、発電・蓄電・電力消費の状況がひと目でわかるシンプルなモニターを採用。設定した基本料金の削減目標に対する進捗レベルを確認することができる。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。