ニュース一覧

住宅金融支援機構、【フラット35】2019年10月の制度変更事項を発表(2019-10-02)

2019年10月02日更新

住宅金融支援機構は、【フラット35】2019年10月の制度変更事項を発表した。
1.長期優良住宅の取得に利用できる【フラット50】の融資率上限などを引き上げます
2.【フラット35】(買取型)の融資率9割超の金利を引き下げます
3.【フラット35】地域活性化型の対象事業を拡充します
4.建設費・購入価額の上限1億円の制限がなくなります
5.中古住宅の「適合証明書」の取得を省略できる物件を拡大します

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。