ニュース一覧

パロマ、LIXIL、ノーマンなどが受賞 第13回キッズデザイン賞(2019-10-02)

2019年10月02日更新

 キッズデザイン協議会(東京都港区)は9月25日、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・活動・研究などを顕彰する第13回「キッズデザイン賞」の優秀作品33点を発表した。
 住宅関連では、子どもたちの安全・安心に貢献するデザインとして、LIXIL(東京都千代田区)の「レジリエンストイレ」が子ども部門「経済産業大臣賞」(優秀賞)、パロマ(愛知県名古屋市)/大阪ガス(大阪市中央区)の「ガスビルトインコンロ『アバンセ』」が一般部門「経済産業大臣賞」(優秀賞)、ノーマンジャパン(東京都渋谷区)の「NORMANスマートドレープシェード」が「審査委員長特別賞」を受賞した。
 最優秀賞の「内閣総理大臣賞」には、Terada3DWorksの「フライングディスク運動型STEAM教育プログラム」が選ばれた。
 今回の応募作品では、保育・教育関係の施設や保育従事者の負荷軽減につながる製品・サービスが増加傾向にあったほか、暮らしや働き方が多様化する中で、個々の生活に合った新たな視点のサービスや防災対策に関するものが多数みられたという。累計の応募数は4986点、受賞数は2968点となった。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。