関西電力 power with heart

リフォーム事業部スタッフブログ

住宅リフォームの現場レポートや営業活動などを続々アップ中!
リフォーム現場の生の声から裏側まで。

かんでんEハウス リフォーム事業部の

椚座 英晴(くぬぎざ ひではる)です。

 

今回は、ここちeLED照明デザインのお話です。

まずは、照明の色のご説明です。

住宅照明には大きく分けて

2種類の色の照明がありました。

①電球色と②昼光(白)色ですね。

 

そこに、新たに中間色の

温かい白い色

③温白色が普及してしてきました!(^^)!

 

①電球色 (色温度2700k)

みなさんも聞いたことありますよね。

オレンジ色の照明(^。^)

●料理を引き立てたり、家族が集う

和やかなムードを演出するのに

最適ですよね。

しかし、

文字が見にくい、

暗いと思う方も多いですよね。

何カ所点けてもイメージする

シャキッとした明るさにならない((+_+))

 

②昼光(白)色 (色温度5000k~)

よく蛍光灯の色って説明されていますが、

●日中のような白い光で、

作業や子どもの学習に最適ですよね

しかし、

ここちe空間演出には、

ちょっと味気けなかったり寒々しいですね。

 

そこで ここちe空間を

演出する為のご提案が

③温白色 (色温度3500K)

●くつろぎと作業性を兼ねた空間に

自然な光を演出できる温白色

部屋全体に暖かい雰囲気と、

手元の見やすさを両立させて

作業や学習時も文字が見やすく、

食材の色味を引き立てます。

 

良いことばかり書いていますが、

ほんとに、いいとこ取りですね。

作業性も雰囲気も80点レベルって

とこですかね。!(^^)!

 

温白色は混色で使うこともできるので、

電球色と温白色とをうまく使い

※照明の色(温度)の違いで※

空間を広く見せる効果を演出できます。

当社の照明デザイン事例です。

 

中心に●温白色●2灯を配置し、

温かい白い色の光を床に落とし、

周りは●電球色●4灯を

拡散光の電球色で壁面を照らしました。

 

中心を明確にして光の色の違いを出し

明るさと広がり感を出しました!(^^)!

狭い空間でもちょっとした工夫で

ここちe空間に(^。^)

 

中心は、明るさを感じることができ、

本を読んだりすることも可能ですので

混色照明はオススメです(^-^)

 

使用器具は、

●100W相当 2灯 温白色(集光・調光タイプ)

消費電力9.9W×2

●100W相当 4灯 電球色(拡散・調光タイプ)

消費電力9.9W×4

●●● 総消費電力 59.4W ●●●

なんと(>_<) 100W相当のLED6灯点けても

60W電球1灯以下の消費電力と省エネですね!(^^)!

 

ぜひ、皆様も電球色で暗いとお困りの方は

Eハウスまでご相談ください。

 

リフォーム事業部

椚座 英晴

 

 

投稿者:椚座 英晴

このページのトップへ
このページのトップへ