関西電力 power with heart

リフォーム事業部スタッフブログ

住宅リフォームの現場レポートや営業活動などを続々アップ中!
リフォーム現場の生の声から裏側まで。

かんでんEハウス リフォーム事業部の

椚座 英晴(くぬぎざ ひではる)です。

先日、古民家の改装工事をさせていただきました。

思い出の照明、建具、木材なども、

工事中にお客様とお打合せをしながら、

再利用をし、新しい素材と組み合わせて

とても楽しくリフォームができました。!(^^)!

改装範囲が多いので、今回は玄関通路編です。!(^^)!

間取りは、ずべて構造をチェックしながら、変更しました。

なかなか写真だけでは部屋の構成はわからないと思いますが

すべて位置を変更しました。

 【 Before 】 

和洋折衷の応接室だった部屋を

裏に抜ける通路とお客様を迎える土間の応接コーナー・

キッチンへと変更しました。  

   P1020789  

【 After 】 

裏に通じる通路兼土間ベンチコーナー・キッチンへ

P1040452

応接室の一部は新たにキッチンへと変更しました。

奥の窓は外ではなく、裏に抜ける通路です。!(^^)!

P1040095

土間ベンチコーナーから見たキッチン部の壁です。

いい感じですね。

P1040108

照明は以前、応接室で使われていた物を

再利用しました。今では、欲しくても手に入らないので

大切に解体時に取って置き使いました。

P1040123

腰板は、杉板を張り、わざと色は付けずに

クリアー塗装としました。

黒に塗れば、雰囲気も出てかっこよくなるのですが

お店ではないので、明るく住んで頂きたいと思い

ご提案しました。山小屋風にならないように

無垢の部分のバランスは気を付けました!(^^)!

P1040428

きれいに窓の部分にディスプレイしていただいています。

P1040111

土間は炭色を混ぜたモルタル仕上げで

空間と調和させました。!(^^)!

室内なので、なかなか乾かず左官屋さんも

夜遅くまで頑張ってもらいました。感謝です!(^^)!

P1040109

昔キッチンにあった建具を再利用、扉を開けると

新しいキッチンに通じる勝手口の役割をしています。

奥様は、裏の畑に行くのに便利と喜んで頂けました。

【 Before 】

家の中心にあった土間空間

裏の家に通じる通路の役割と、家全体の風の通り道となっていました。 

  P1010493

玄関横にあった応接室への入り口です。

この扉も再利用しました。

P1020031

建具屋さんと相談して、幅カットと高さを高くすることで

玄関の主役となりました。

この建具は、思い出のある建具とのことで、ぜひ

再利用したいと、大工さん・お施主様と一緒になって使う場所を

デザインも見ながら打ち合わせしました。

P1040120

 いい感じになり、開けると土間と同じ役割で

リビングに繋がり、裏庭へと風の通り道の役割も

残すことができました。!(^^)!

P1040460

 床は、石張りで掃除のことも考えて

目地は取りませんでした。

次回は、内部編② リビング・設備編です。!(^^)!

では。お楽しみに。。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:椚座 英晴

このページのトップへ
このページのトップへ