関西電力 power with heart

リフォーム事業部スタッフブログ

住宅リフォームの現場レポートや営業活動などを続々アップ中!
リフォーム現場の生の声から裏側まで。

照度と色温度について

2013年07月31日

最近、LED照明を設置・検討されているお客さまが増えています。 

照明を選ぶ際には、「照度」と「色温度」を考慮し、選定することになります。 

照度とは、照明によって照らされている面の単位面積に入る光束を表し、単位はルクス(Ix)です。 

色温度とは、黒体を熱した時、色が黒→赤→オレンジ→白→青と変化するもので、その時の色と物体を絶対温度(ケルビン:K)で表します。<下図参照>

  iro

<照度>

  ・照度は、各居住空間や用途に応じて照明基準が決められています。

     勉強や読書には、500~700(Ix)

    食卓やリビングには、200~300 (Ix)

<色温度>

 食卓には、色温度が低め(2000K程度)の暖色系が適しており、料理がおいしく見えます。

 読書・裁縫や事務等には、色温度が高め(5000K程度)の白系の色が適していると言われています。    

 また、照度と色温度によって、下図のとおり、「快適領域」と「不快領域」に分けられることが明らかにされています。

       20130801-083125.jpg

     

 このように生活場面に応じた、最適な照明器具を選定されることをお勧めします。

投稿者:リフォームブログ担当者

このページのトップへ
このページのトップへ