ニュース一覧

新築時「ワークスペース希望」が10ポイント増 オープンハウス調べ(2020-07-02)

2020年07月02日更新

オープンハウス(東京都千代田区)はこのほど、同社の設計担当者へのアンケートにより、緊急事態宣言以降のwithコロナ時代の新築戸建てのニーズを調査した。その結果、新規打ち合わせで、約35%の顧客が「書斎などのワークスペースの設置」を希望していることがわかった。緊急事態宣言前の書斎スペースの要望は平均約25%だったことから、“書斎スペースのある家”は、withコロナ時代・afterコロナ時代の家のトレンドになり得るとする。書斎スペースを希望する理由としては、「新型コロナウイルス感染拡大の影響で在宅時間が伸びたため、家の中でテレワークに対応できるスペースが欲しい」などの声が聞かれた。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。