ニュース一覧

空調のスペシャリストが手掛ける全館空調「comfort24」(2020-06-23)

2020年06月23日更新

システック環境研究所(東京都杉並区)は、快適性・省エネルギー性の研究から生まれた、高断熱・高気密住宅向けの全館空調「comfort24(コンフォート24)」を展開する。住宅の調査事業を手掛ける空調のスペシャリストとして、一棟一棟をオーダーメイドで設計する。
「コンフォート24」は、家の構造と間取りに合わせて空気と熱を分配する空調システム。北海道から沖縄まで、エアコン1台で全部屋を24時間×365日快適にする。インテリア性を損なわず、吹き抜けやロフト、ウォークインクローゼットを自由に設計しても快適さが変わらない。換気は第1種(給気と排気)と第3種(排気)にも対応し、家中の空気を常に新鮮に維持する。
同社はこれまで、環境省「エネルギー対策特別会計補助事業検証・評価委託業務におけるZEB建築等の現地調査・ヒアリング」、NEDO「個別送風ファンを用いた全館空調システムの開発」、北海道札幌市「『汎用エアコンを熱源とした寒冷地型・高断熱高気密住宅用低圧チャンバー空調システムの開発』における企画・提案・実施」、東京電力「温暖地における環境共生住宅の計画・設計法」での調査実績を持つ。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。