ニュース一覧

職人でも見間違うほどの“木の質感”を備えたエクステリア用建材(2019-12-10)

2019年12月10日更新

 MINO(長野県伊那市)は、耐候性や耐久性といった特長に加え、職人でも本物の「木」と見間違うほどという“木の質感”を備えたエクステリア用建材「彩木」を展開する。
 同製品は、木の質感を作ることを目的に素材から開発したもので、表情を決定づける表面は、本物の天然木から切り出した木目で型取り。一つの製品につき、木目のパターンを多数用意し、ていねいな塗装で自然な色むらを表現する。
 また、「熱をためにくい」、「色褪せしづらい」、「コンクリート並の寸法安定性」、「延焼を抑える難燃性能」といった特長を備え、ウッドデッキ、手すり、フェンス・ゲート、スクリーン・ルーバー、外装化粧材など、様々な場所で利用可能。天然木のようなささくれもできないことから、子供が素足で安全に歩いたり遊んだりする空間を作ることができる。床板や開口部周辺の装飾として、室内で用いられる実例も数多いという。
 同社は現在、同製品の“木の質感”を確かめられるサンプルをプレゼントしている。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。