ニュース一覧

35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2019、大阪で10月に開催(2019-10-21)

2019年10月21日更新

 NPO法人アートアンドアーキテクトフェスタ(AAF、大阪市)は、「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2019」を、10月18日から28日まで大阪駅・中央北口前「うめきたシップホール」にて開催する。
 これからの活躍が期待される35歳以下の若手建築家を全国から募り、建築史家・倉方俊輔氏による厳正な審査を経て、出展する7組の建築家を選出。若手建築家に発表の機会を与えるとともに、日本の建築の可能性を提示する。
 出展者は、秋吉浩気氏(VUILD)、伊藤維氏(伊藤維建築設計事務所)、柿木佑介氏+廣岡周平氏(PERSIMMON HILLS architects)、佐藤研吾氏(In-Field Studio)、高田一正氏+八木祐理子氏(PAN- PROJECTS)、津川恵理氏(ALTEMY)、百枝優氏(百枝優建築設計事務所)。
 10回目となる今年は「若さが、ひらくもの。」をテーマに開催。10月19日の記念シンポジウムでは、出展者によるプレゼンテーションやゲスト建築家とのディスカッションをおこなうほか、優秀な展示作品に対して「Under 35 Architects exhibition2019 Gold Medal賞」が授与される。
 期間中は、関連する建築団体や企業によるギャラリー・イベントや、出展者によるギャラリー・トークを開催。
 展覧会・シンポジウムともに入場料1000円。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。