ニュース一覧

大建工業、防音性能にすぐれた土足対応フローリングを発売(2018-07-12)

2018年07月12日更新

 大建工業(大阪府大阪市)は、土足対応フローリングとしては国内トップクラスの防音性能を備えた宿泊施設向け床材「コミュニケーションタフ防音DW4」を発売した。
 基材の合板に防音性能を高める裏溝加工をほどこし、床材裏面に不織布防音材料を使うことにより、カーペットと同等の厚さ16.5mmで軽量床衝撃音低減性能4等級(⊿LL‐4)を実現。スラブ層に直張りすることにより天井高が確保でき、カーペットと貼り分ける際も段差なく仕上げることができる。
 また、表面の天然木単板には独自のWPC加工(木材の空隙にプラスチックを充填)をほどこしてあるため、キズやへこみ、水がかりに強く、耐久性にすぐれる。
 16.5x96x905mm。オーク、アッシュ、チェリー、杉、栗、檜など全14柄。6万1500〜7万円/梱(36枚入り、3.12m2)。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。