ニュース一覧

国交省、「賃貸取引に係るIT重説の本格運用」を開始(2017-09-12)

2017年09月12日更新

国交省は、平成29年10月1日より「賃貸取引に係るIT重説の本格運用」を開始すると発表した。
不動産の賃貸取引において、テレビ会議等のITを活用した重要事項説明(IT重説)を平成29年10月1日より本格運用を開始することとした。
本格運用の開始に向けて、賃貸取引に係るIT重説を対面による重要事項説明と同様に取り扱う旨を「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」に追加するとともに、宅地建物取引業者が適正かつ円滑にIT重説を実施するためのマニュアルを策定した。

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらよりダウンロードしてください。